西伊豆釣行レポート(11月初旬)

こんにちは、プロスタッフの浅井です。

 

11月初旬に西伊豆エリアで秋アオリ釣行の様子をレポートさせて頂きます。

 

今年は台風の多い年でした。

 

アオリの生育にも多きく影響していると考えられましたが、現地に到着してみると流木などのゴミが打ち上げられているものの海は回復しておりホッと一安心。

 

 

 

 

今回はNEWロッドの調整を兼ねての釣行です。

 

 

早速、実釣開始…とはいうモノの世間は3連休。天候も良く、どのポイントも多くの釣り人で賑わっている。

 

さて、困った!

 

ならば…とアオリが溜まりそうなエリアを探し徘徊。

 

大きなシモリが点在する場所で人気の無いシャローを発見!まずは4号エギでシャローをサーチ。

 

すると、すぐに反応があり300g程のアオリが飛び出してきた。

 

プレッシャーが低いエリアなのか?はワカラナイが、アオリの活性は高いようである。

 

ワラワラ追尾してくる子イカを尻目に、今度は良型に的を絞って深場に点在するシモリを中心に探るが反応は無い。

 

だが、タイミング次第では釣れそうな気がしたのでランガンを諦め、粘る事にした。

 

しばらくしていると、ユックリと潮が動き始めた。

 

ちょうど満潮から下げに入るタイミングだ。

 

ロッドの感度も良く微妙な潮の動きも感じ取る事が出来る。

 

もちろん4号エギもストレス無くアクション&キャスト出来るのでテストしていて気持ちが良い。

 

キャスト後、ボトムを取り軽くアクションを入れる(水深は4〜5m程)。

 

再度ボトムを取り直し、軽く4〜5回ジャークを入れた後のフォールでコンッ!

 

一呼吸置いてからフッキングを入れると重量感が伝わって来た。

 

上がって来たのは820gの良型アオリであった。

 

これから寒くなりアングラーにとってつらいシーズンになりますが、良型のヒットも期待出来る伊豆エリア、今後が楽しみです。

 

<タックルデータ>

ロッド:カンジインターナショナル/CNR-80(プロト)

リール:ダイワ/セルテート3000

ライン:よつあみ/G-SOUL upgrade 0.6号(150m)

リーダー:よつあみ/G-SOUL high grade shore LEADER FC HARD 3号

エギ:カンジインターナショナル/プロスペック4寸

 

リスキーリスカスⅡで爆釣(京丹後:和香丸さん)

場所:京丹後(和香丸さん)

今回は、リスカスⅡ-170g用にロッドを新調したので様子見に行ってきました。

 

水深は40m~50m台と比較的浅めのポイント中心でしたのでリスカスⅡの170gを選択、更に瀬周りということもありリアフックは無しで使いました。

 

 

#2クラスの柔らかめのロッドを使い、強いシャクリを避けたスイミング中心で反応を見ながら、緩急を付けステイを織り交ぜていくようなイメージで使いましたが、これが当たり、1投目からヒラマサがヒット!そのままヒラマサ連発で、時々サワラも混ざりながら良い結果を得ることが出来ました。

 

不覚にも酔ってしまい13時早上がりとなりましたが、釣果としてはヒラマサ×10、ハマチ×2、サワラ×2と上々でした。

 

 

170g/200g/250gと3種類のウエイトがあるリスカスⅡですが、状況に応じてフックセッティングやタックルバランスを変える事で用途は更に広がると実感した1日でした。

当日のジグ ヒットカラー

#01 ウエーブホロシルバー

#03  グローヘッド/ウエーブホロシルバー

 

タックル詳細

ロッド:ギャラハド 632S

リール:19ステラ8000HG/パワー88

ライン:PE2.5号/フロロ12号

ルアー:リスカス2(170g)

カラー:ウエーブホロシルバー、グローヘッド、

フロントフック:TCハードギャップスパーク2/0

ナチュラルフロー復刻記念エギング釣行レポート(島根)

チュラルフローが待望の復刻!!

 

と言う事で早速、ナチュラルフローで釣りたくてエギングに行ってきました。

 

この日は、朝マズメ前より実釣開始。

暗いうちは #12 スギピンク/レッド で!

潮通しの良い沖のシモリを丁寧にシャクると先ずは一杯

 

しばらくしてアタリがなくなり、明るくなってきたのでエギを待望の #18 ナチュラルフローにチェンジ!

 

ボトムから潮通しの良いレンジまで一気にシャクり上げたら、最初のフォールで抱いてきました!

 

ナチュラルフロー 

名前の由来通り、よりナチュラルにスレたイカには効果的です。

 

その後もナチュラルフローにアタリが集中し、期待通りの釣果となりました。。

 

これからもまだまだアオリイカが狙える季節なので今後に期待です!

 

ロッド:EXR-83 Drift  tune

リール:19CERTATE LT3000

ライン:ユニチカ キャスラインエギングスパーPEⅢX 0.6

リーダー:ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75

プロスペック使用カラー

#18 ナチュラルフロー

#12 スギピンク/レッド

カンジインターナショナル 福田

和歌山南紀10月中旬 エギング釣行レポート

カンジスタッフのりゅうです。

10月中旬 夜中~昼まで和歌山県南紀でエギングしてきたのでレポートします。

 

最初のポイントの小さな漁港に到着したのがAM3時頃。

先日の台風の影響か濁りが入っているのでアピール重視でハイアピールカラー(ラトル入り)でスタート。

数投目にラインが震えて小さいですが久しぶりの心地よさ♪


     

その後も小移動を繰り返しながら飽きない程度にポロポロと釣りました。

 

完全に日が登ってからは、地磯をランガンして夜よりも良型を仕留めることができました。

今回は濁り(バスクリンの様な色)の影響かピンクやオレンジのカラーに反応が良かったです。

海の状態はその時々、ポイントごとに違うのでその状況に合わせてかけた納得の1杯は最高に気持ちの良い、やりとりでした。

ジギング釣果レポート(網野:ラスターさん)

今秋初の日本海ジギング。

2-3日前までは良かったみたいですが、当日はなかなか潮が動かず手強い1日でした。

釣果としてはハマチ×3、コマサ、ヒラメ、サワラ。

 

 

1日通してリスカス2のアカキンゼブラが良く効いてくれて、サワラ以外はすべてアカキンゼブラ。

サワラはリスカス2のブルーグローヘッドと、今回も全てリスカス2でした!

 

この日は浅場の漁礁中心の釣りでしたが、魚の活性は低い印象を受けたので、「ジグを漁礁から大きく離したくはない、でもリアクションできっちり追わせたい」といったイメージで釣りをしました。

 

ですので、いつもより早巻きやジャカジャカ巻きの回数を抑えて、フォールとゆっくり目のワンピッチを多めにしたコンビネーションジャークを多用しましたが、これが一番良く効きました。

 

リスカスⅡは速いシャクリのコンビネーションから、フォール主体のスロー気味のワンピッチまで使えるので、ほんまに重宝してます。

 

今シーズンもリスカス2に助けられそうです!

 

ロッド:FOKEET FS64-5.5 IKARI

リール:19ステラ8000PG/パワー88

ライン:PE3号/フロロ14号

ルアー:リスカス2(170g~200g)グローヘッド/アカキンゼブラ

フロントフック:TCハードギャップスパーク3/0

リアフック:ハードツインスパーク1/0(1cm)

 

明石タコ釣りレポート(きもとさん)3rd

場所:明石(きもとさん)

ロッド:DORASUTE DSB-63MH

リール:メタニウムMGL HG

ライン:PE1号/フロロ4号

ルアー:タコスペック&タコーン&KKリグ

   

 

結果から言うと今回もドラステ炸裂で、更に「DORASUTE DSB-63MH」を使うことによりドラステ(http://www.kanji-international.com/?page_id=2792)の質が格段にアップしていることを実感しました

今回は朝一から釣れるものの連発がない展開でしたが、コロコロ変わる状況に合わせられたので1日通してコンスタントに数を稼げたと思います。

特に終盤の潮が早い場面では周囲が沈黙する中、私はドラステを続け、キャストして意図的にステイを入れる事で順調に数を伸ばせました。

またタコの乗り始めを正確に捉え、しっかり乗せる事が出来る上に、タコスペックの超細軸多点針“からめ針”と相まって掛け損ないやバラシも極端に減りました。

この様に、その時々の状況に合わせてエギの動きをコントロールする事こそドラステの本質であり、釣果アップの要因なんだと再確認出来ました。また、「乗った」ではなく「乗せた」「掛けた」と実感出来る事で、更にタコ釣りを理解し、楽しむ事が出来るようになりました。

まだまだ続くタコ釣りシーズン、DSB-63MHを始めとするドラステ専用タックルを手に思いっきりタコ釣りを楽しもうと思います。

明石タコ釣りレポート(きもとさん)

 

場所:明石(きもとさん)

ロッド:Clicks TAKO 64MH Sweep HookerⅡ

リール:メタニウムMGL HG

ライン:PE1号/フロロ4号

ルアー:タコスペック&タコーン&KKリグ

 

コメント

今回はいよいよシーズン本番に突入してきた明石船タコへ。

 

今回は新子中心で小型中心でしたが、キャストしてからのドラステ(http://www.kanji-international.com/?page_id=2792)が炸裂で65杯(リリース5杯)の好釣果。

◎キャストして広範囲に探れる。

◎ステイ時間を操れる。

この2点により、釣れない時間を作らずハイペースで掛けていけました。

これからさらに調子が上がってくる明石タコ!

タコスペック、タコーンを用いたドラステで一味も二味も違うタコ釣りを味わって見てください。

 

早春の伊豆エギングレポート

こんにちは、プロスタッフの浅井です。

今回は、西伊豆エリアでのアオリ釣りの釣行をレポートさせて頂きます。

伊豆エリアでは例年、ゴールデンウィーク前後ぐらいが大型アオリを狙うシーズンになります。

今回の釣行は藻場に入って来る前の産卵を意識した回遊性のある個体を狙いに西伊豆エリアへ…というより黒潮の影響で最近、暖かい潮が入って来たので気になって行ってみた。

しかし、まだ3月上旬では藻も生えておらず、藻場を中心としたゲームが成り立たないので潮通しが良く少し水深のあるポイントを考えていたのですが…。

 曇天、西よりの風がやや強くウネリもあるので、風裏を探しつつポイントをチェックするがアオリの反応が無い。ポイントをチェックするついでに水温も測りながらランガン。気が付けばすっかり日も昇っていた。

 

ハイシーズンであれば実績ポイントを回れば良いのだが、今はまだハイシーズン前の回遊性のあるアオリを狙っているので着場もわからない状況の中、ランガンしていて唯一、他のポイントより水温(17.5℃)が高くベイトの確認出来た場所があったので潮の動くタイミングで、そのポイントに入り直してみる事にした。ポイントに到着してみると風はまだ強いが出来ないレベルでは無い。しばらくしていると足元に溜まっていた浮遊物が沖にユックリ払い出していく。心なしかベイトもザワつき始めた?チャンスとばかりに集中。

遠投して一旦ボトムを取り、中層まで誘いあげテンションフォール、その後ランダムな誘いの後のフォール中に違和感がありアワセを入れるとヒット、ゆっくりと慎重に寄せてきたアオリの背後に同サイズの追尾があったのだが、足元まで寄せてくるうちにUターンして沖に帰ってしまった。取り込んだのは1㌔のオス。嬉しい一杯。

 

その後は300㌘を追加して沈黙。

ヒットしたエギは4寸/#08.ディープパープル/レッド。一度、休憩を取り作戦会議。

 

次の日の予報は、さらに風が強くなり波も高くなりそうなので期待は薄い。となれば、今夜に半夜覚悟で頑張るしかない。あいにく予報では風もしだいに収まりそうなので、仮眠を取り半夜に備える事にした。

夕マズメに同じポイントに入り直して釣り開始。満潮からの下げだが反応は無い。ちょくちょく休憩を取りつつキャストとシャクリを繰り返す事、数時間。ふっと気付くとうっすら潮目が…半月だが雲は無く海も穏やかなので、けっこう明るい。中層を探っているとコツッとしたアタリ。一拍置いてフッキング。ズシリとした重みのあとにジェットな引きが伝わってきた。これは良いサイズでねぇの?上がって来たのは1.8㌔のオス。

ヒットエギは4寸/#37.ロイヤルマーブルチャート。その直後、立て続けに500㌘と400㌘がヒットで活性の高い群れが入ってきたようである。その後もしばらくシャクリ続けるが、潮が下げ止まったのと風が出てきたので、その日の釣りは終了とした。翌日は朝から強風とウネリの為、竿はほとんど出さずポイントのチェックをしつつ早めの帰宅とした。今回の釣行でキーとなったのは水温とベイトとタイミング。これからの時期がますます楽しみですね。

タックルデータ

ロッド/カンジインターナショナル EX-80 POWER TRAIN

リール/ダイワ セルテート3000

ライン/よつあみ G-SOUL Upgrade X8 #0.6

リーダー/よつあみ SHORE LEADER HARD #3

ルアー/カンジインターナショナル プロスペック 4寸

カンジインターナショナル 浅井

明石タコ釣行レポート(きもとさん)

釣果レポート

場所:明石(きもとさん)

ロッド:DORASUTE DSB-63MH

リール:メタニウムMGL HG

ライン:PE1号/フロロ4号

ルアー:タコスペック&タコーン&KKリグ

コメント

今シーズン3回目の明石タコ釣行。

 

今回は新製品の船タコ専用ロッド「DORASUTE DSB-63MH」を使ってドラステ(http://www.kanji-international.com/?page_id=2792)を楽しんできました。

スロースタートで10時前までヒヤリとしましたが、終わってみれば70杯オーバーとなんとか形にはなりました。

DSB-63MHの使用感ですが、感度が飛躍的にアップしており、使っていて気持ちの良いロッドでした。

感度が向上し得られる情報量と質がアップしたおかげで、今までと比べより早く、より正確にタコの乗り始めを捕らえることが出来ました。

従来、違和感として伝わっていた感覚をタコかそうでないのかを判別することで、効果的なステイやシェイクを行うことが出来、そのタイミングや強弱をこちら側主導で行える印象を受けました。

掛けてからはパワーを残しながら素直に曲がるので、突発的な身切れも少なく、適度な負荷を掛けつつリフトしてくるのでバラシも減ったように思います。

 

「高感度でタコを的確に乗せ、タメを活かしてしっかり上げてくる」

 

しっかり使いこなせば今まで悔しい思いをしてた早合わせによる身切れやバラシを大幅に軽減出来そうです。

 

ドラステをより正確に、より効率的に行う上で必要不可欠なロッドだと感じました。

 

カンジインターナショナル  藤井

日本海イカメタル釣行(京都 ラスターさん)

場所:網野(ラスタ-さん)

ロッド:①ST-metal SP-705FT ②ST-metal B-508FT

リール:①18ステラ2500HG ②炎月CT150HG

ライン:①PE0.6号/フロロ2.5号 ②PE0.6号/フロロ2号

ルアー:①オモリグ(20号)/プロスペック2.5号(モスグリーンレッド/サファイアブルー)

②カレントスッテ(12号~15号)レッドヘッドグリーンレッド/プロスペック2.5号(サファイアブルー)

今シーズン初のイカメタルに行ってきました。

シーズン初旬ですが、点灯してからはオモリグ中心にコンスタントに当たりが出始め時間が進むにつれてイカメタルに…といった典型的な状況でした。

それでもやはり大きめのイカはオモリグをキャストし、沖の明暗部を意識した展開に分があったように思います。

コロコロと状況が変わる釣りなので、イカメタルとオモリグ(特に投げオモ)どちらも駆使しながら、そのタイミング毎のベストを模索していく事が必要なのだと実感した釣行になりました。

カンジインターナショナル 藤井